[書籍] 宝の地図をみつけたら

小説は普段あまり読まないのですが、この小説の紹介文にぼくの琴線に触れるキーワードがちりばめられていまして、紹介文を読んだその日の帰宅途中、書店で購入しました。 ぼくの琴線に触れたキーワードとは 武田家の埋蔵金 穴山梅雪 早川 身延市の山中 これはもう読むしかないでしょう? 一気読み 会社の行き帰りの電車の中で一気に読んでしまいました。ジャンル的には「ミステリー」だそうで、推理小説なのかな?前半はキーワードと伏線をばらまいて、後半で回収す … “[書籍] 宝の地図をみつけたら” の続きを読む