[古書店] 高原書店が閉店… (2019.05)

いまでは古本屋というとBOOK・OFFのような綺麗な古書店が一般的ですが、昔の古書店というと狭い店内、古書の匂いが漂う独特な空間でした。 まったく整理されていない書棚やワゴンに無造作に積まれた古い本。当時中学生だったぼくは、ご多分に漏れず中二病を発症していてサブカル、オカルト書籍を漁りに書店巡りをしたものです。 古本といえば神保町が有名ですが、それぞれの書店が特色を持ち希少本を扱っている為か、全体的に高価だったのです(中学生のぼくには手 … “[古書店] 高原書店が閉店… (2019.05)” の続きを読む