緑萌える龍喰谷散歩 2019.05.25

真夏日が予想される 2019年5月25日(土)に、今年もまた涼を求めて龍喰谷源頭部散歩をしてきました。

2週間前に行った黒川鶏冠山は、まだ新緑には少し早く新緑を楽しめませんでしたが、今回の龍喰谷散歩では綺麗な新緑を堪能してきました。

天気は晴天!山は新緑!

天気は予報通りの晴天。雲ひとつありません。気持ちよく晴れ、気温もぐんぐんと上昇しているので、沢登り日和だなーと思いつつも登山道を登り始めました。

毎年、この時期に龍喰谷周辺ハイキングをしているのは、この唐松林の新緑がとっても綺麗だからなのです。今年も見られて幸せ!

歩く登山道も、谷を挟んで反対側の山肌も、新緑に萌えています。

この辺りには、ツキノワグマも生息しているので注意の看板があります。今回、道の途中で動物を見ました。一瞬で笹やぶの中を谷へ下って行ってしまったのですが、ちらっと茶色が見えたのでたぶん鹿でした。

苔も美しい

数日前に大変な豪雨があり、山は荒れているかな?谷は増水しているかな?と予想しながらのハイキングでしたが、山はすっかり乾いており、沢の水は少なく、所々苔が乾いてしまっています。

水量は少なくとも沢の水は冷たく気持ち良い。水辺の苔も新緑に染まっています。

ふと水をのぞき込むと金雲母がキラキラ輝いています。今回初めて同行した知り合いは、大はしゃぎ(笑)これが砂金だったら良いのにね!

少ない水分を求めて集まるのか、沢付近は虫が多すぎます。座って休憩をしているとものすごい数が群がってきます。刺さない虫に見えたのであまり気にせず無視をしていたのですが、帰宅後シャワーを浴びると途端にかゆくなり何カ所も腫れていました。やはり虫除けは必要かもしれません。

新緑につつまれて歩いていると、足場の悪さも気になりません。

毎年思うのですが、龍喰谷は、名前からイメージする雰囲気と異なり明るく開けた美しい谷です。どうしてこんな名前が付いたのでしょう。谷の形が、くねくねと龍のように曲がっているからでしょうか?

来年もまたこの季節に訪れる事ができたらいいなと思います。

投稿日: publised:
updated:
カテゴリー blogタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)