ついにやってしまった

今年の始めに自炊セットを購入してから、かなりの冊数を裁断してきました。が、この本ほど切ろうか、切るまいか、悩んだ本はありませんでした。

本を裁断せずにスキャンして電子化することも可能です。しかし、裁断しない場合では、仕上がりのきれいさに雲泥の差があります。

一番の目的は「検索したい」のです。そして、裁断してスキャンしたほうがOCR時の認識率が上がるのです。というわけで、しばらく悩んでいたのですが、とうとう裁断してしまいました。

一番最初に本を裁断した時のような罪悪感を覚えます。でも、実はもう一冊持っているんです 🙂

検索してみる!

実際に検索してみます。試しに「将監峠」で検索すると、右側にマッチした文字列が表示されます。項目をクリックするとPDFファイルの該当ページが表示されます。

素晴らしいです。泉さんの本は、話題が飛びまくるので該当ページを探すのにいままで苦労していたのです。おかげで、残している方の本は付箋だらけです。


※ 古い本に付箋を貼ると糊で紙が破ける危険があるので、あまりやりたくないのですが・・・

fessのindexにも登録されている事を確認してみます。

本を切るときには躊躇しましたが、今は大満足です。

本の電子化作業は、過去に以下の3記事を書いています。

書籍を電子化し検索できるようにする
電子化した書籍を全文検索する(windows編)
電子化した書籍を全文検索する(linux編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)