[書籍] その問題、デジタル地図が解決します

書店の本棚を眺めるというのは、ネットショッピングが便利となった現在でも必要な事なのだと思います。欲しい本が決まっているのならば話は別ですが、大体のジャンルで検索をしても、書店の本棚や平置き台にはかないません。

この「その問題、デジタル地図が解決します」には、久しぶりに立ち寄った新宿の大型店舗を構える書店で出会いました。ブクログの新刊チェックは毎日欠かさず見ているのですが、GIS はキーワード登録をしておらず全く気づきませんでした。

その問題、デジタル地図が解決します

入門書というのは、テーマの決まった専門書と違い対象読者の絞り込みが難しいと思うんです。教科書的に定義、用語解説を覚えていくのが好きな人もいれば、トライアンドエラーじゃないですが手を動かしながら覚えていく派の人もいます。

本書は、後者の手を動かしながら覚えていこうという手法を採用しています。

僕もそうだったのですけれど、GIS を初めて触った時に、いったい何が実現できて、実現するには何が必要なのか?さっぱりわからないのです。

本書では、無理矢理なお題を出された主人公達(?)が、6編のテーマ(お題)を通して、GIS を使って日常生活の中でこんな事の可視化ができるのですよ!という事を示してくれます。

ぼくが初めて GIS を使った時に読んだ本「【改訂新版】[オープンデータ+QGIS]統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方」で、河童が見られる可能性が高い場所をGISで絞り込んでみよう!という章がありましたが、そのようなケーススタディが詰まった一冊です。

GIS はカバーする範囲が幅広く、解決したい問題がある人すべてが満足する本というのは難しいと思います。この本は、GIS を使ってやりたい事を持っている人に

「最初の一歩と二歩目の踏み出し方」

を教えてくれる良本だと思います。

 

書籍データ

書名: はじめてのGIS その問題、デジタル地図が解決します
著者: 中島 円
出版社: ベレ出版
2021年 3月25日発行
246ページ

目次

1stミッション: 恋愛 – デート編
2ndミッション: 趣味 – 音楽編
3rdミッション: ビジネス – 働き方編
4thミッション: ビジネス – マーケティング編
5thミッション: ビジネス – 観光編
最終ミッション: まちづくり – 防災編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)