鶏冠山金山沢 その3

予告通り、鶏冠山金山沢へ行って参りました。 文献によるとこの沢で松木某氏が金を掘っていたやら大水が出た後は揺り盆を担いで沢へ入っていたご老人が居ただのと書かれているので(少しだけ)期待して沢を遡ってみました。 丹波山村から塩山方面へ青梅街道を走り、おいらん淵を越えてしばらく走ると犬切峠への分岐があり、そのまま直進すると左側に源水館という看板、右側に東京都水道局が見えてきます。その先、左側が広くなっていて車を停めることができます。ガードレ … “鶏冠山金山沢 その3” の続きを読む

鶏冠山金山沢 その2

国道411号線(青梅街道)沿いの落合集落に東京都水道局水源管理事務所があり、その周辺から沢へ降りる道があります。渓流釣りの釣り人がよく使う道なのかしっかりとした橋がかかっていて安全に対岸へ渡る事が可能です。 位置的にはたぶんこの辺りから沢へ降りて右岸へ渡ります。 Related posts: 鶏冠山金山沢 その1 鶏冠山金山沢 その3 鶏冠山金山沢 その4 高橋川 その3 龍喰谷 その1 龍喰谷 その2 (龍喰金山)

鶏冠山金山沢 その1

武田の金山、金採取場所は多数ありすぎてどこから手をつけようか迷うところですが、個人的に丹波山村がとても気に入っているので(いろいろな面で)まずは、その近辺から調査を始めます。 多摩川は途中で何度も名前を変えながら、小河内ダム~河口と流れていきます。 今回ターゲットにするのは、多摩川~丹波川~柳沢川と名前を変えたもっとも上流の柳沢川へ注ぎ込む鶏冠山金山沢です。 金山沢は地図で確認すると、かの有名な黒川金山付近から流れ出し柳沢川へ流れ込む支 … “鶏冠山金山沢 その1” の続きを読む

砂金採取という趣味

一般的に武田信玄といえば「風林火山」や「人は城、人は石垣、人は堀」などを思い浮かべる人が多いと思います。それと同時に、金山開発を盛んに行った武将としても有名だと思います。 山梨付近の山沿いへいくと信玄の隠し金山、隠し湯という看板を沢山みかけることでしょう。金山というのは、大切な資金源ですから、基本的に隠されていたそうです。あやまって金山へ迷い込んだ人は追い詰められて殺されたという言い伝えも残っているそうです。 さて、私は30代後半から突 … “砂金採取という趣味” の続きを読む

Blog始めました

えぇぇ!? 今から!? 今年からblogを書いてみる事にしました。周回遅れだよと言われそうだけれど、まぁいいじゃないですか。いつまで続くかわからないし。そういえば、日記もしばらく書いてないなぁ。 15年くらい前の話ですが、はじめてホームページを作ったときは熱中していました。掲示板付けてカウンター付けて。ネット上で知り合った方々と相互リンクを張ったり。ネットジョークのTMJ ( たらいまわし ジャパン ) なんてのもあった。そんな熱も大学 … “Blog始めました” の続きを読む