大常木谷 その1

台風が通過して最初の週末なので、天候が心配ではありましたが砂金採りに出掛けてみました。

目指すは、去年一粒も採れずに敗退した大常木谷です。大常木谷は龍喰谷と同様、一ノ瀬川へ注ぎ込む谷の1つです。龍喰谷よりも入渓しにくく、その代わりというわけではないのですが、静かで綺麗な谷です。この谷にはあの邪魔な金雲母が無いのです。隣の龍喰谷には嫌というほどあるのに面白いですね。

入渓準備

いつも通り「道の駅たばやま」で、休憩していると小クワガタのメスがトコトコ指に登ってきました。夏休み中には、パパと子供がクワガタ、カブトムシを探す姿をよく見かけました。車に踏まれるなよと草むらに放してきました。

道の駅たばやまを出発して、411号線を塩山方面へ進み、おいらん淵の先から一ノ瀬林道へ入ります。

一ノ瀬林道を少し走ると右手に5,6台ほどの駐車スペースがあり、ここに車を停めました。

降下地点

一之瀬川への降り口は50mほど進んだ所にあります。ここにも2台車を停められます。
この看板が目印になるでしょう。
さて、降り始めます。踏み跡はありますが、変な方向へ向かう跡もあり、気を抜けません。それから、かなりの急斜面を降りていくので両手を空けておかないと苦しいでしょう。カッチャを片手にというのは、危ないのでやめたほうがいいです。
去年降りた時は雨が降っていた為、地面が滑り怖すぎるという印象しかありませんでしたが、地面が乾いている状態でならばさほど危険は感じませんでした。およそ10分で一ノ瀬川への降下完了です。

さすが台風の後。去年より増水してます。
大常木谷出合いまでは、ここからしばらく一ノ瀬川を下らなくてはならないのですが、途中ゴルジュ状の場所もありそこを通過するのが危険かなぁとか、尾根を越えてショートカットするルートも考えていたのですが、なんと、ザイルを家に忘れてきまして。。。

残念ながら今日は水にも入らず撤退する事になりました。
次は、秋に一度こられたらいいなぁと思います。
去年にはなかった、でっかい落石が転がっていました。。。
↓ 今年の写真

↓ 去年の写真
降りるのに10分、下で川を眺めつつ考える事20分、林道まで戻るのに15分。
まだまだ日は高く、このまま帰るのはもったいないので、いつもどおり丹波川で水遊びをしてから帰ることにしました。

今回のGPSトラッキング

赤: 実際に歩いたルート
緑 or 紫: 予定していたルート

降り口からのびる尾根の右側(下流側)へ降りたかったのですが、安全に降りられそうにありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)