丹波川 その3

さて、一之瀬川の増水により大常木谷への入渓は断念しましたが、この時点でまだ12時を、まわっていません。温泉にはまだ早いし、というどこかで書いたような展開ですが、丹波川で軽く砂金採集をしてきました。

が、当然ですがこちらもまだ絶賛増水中。さらに、一ノ瀬川から林道へ上がった後から、やたらしんどくてなんとなーく筋肉痛がはじまってます。

川を軽く見回すと、先日の大雨で流されてきた堆積物が溜まっています。せっかく川まで降りてきたのでメガネ掘りをしてみても、カッチャで堆積を退かすだけで腰が痛く・・・・ orz

それではと、草根引してもホンモノの粉しか出てこないし、今日はもう帰ろうかなぁと思った矢先、少し深い所にキラッと光るものを発見。手は届くのですが、手を伸ばすとウェーダーの喫水線(?)ギリギリです。おまけに川の流れが早くて、なかなか掴む事ができません。悪いことに、もたもたしていると上流からの堆積が積み重なっていきます。

結局、上からウェーダーに浸水してパンツまでびしょ濡れになりながら、やっと一粒ゲット。

幸い太陽は出ていたので、河原で軽く乾かしてからのめっこい湯へ直行です。近くに温泉があって本当に良かった。

夏休みが終わった(大学生はまだ続いていると思いますが・・)からでしょうか、静かでひとけのない河原で、コーヒーを沸かし、服を乾かし、空を見ていたらついついうたた寝を(笑)

帰宅して測ってみると 4mm?なかなか大きいのは採れないなぁ。

この砂金、割れ目ではなくて堆積物を退かしていたら盤の上に乗っていたので、今回の台風よる大雨で流されてきたものだと思います。流されるときにいろいろな物にぶつかったのでしょうか、表面に叩かれたような跡が多数あり、叩かれたところが綺麗な金色をしているのが印象的です。

この砂金、どこから来るのかなぁ・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)