丹波川 その1

丹波川は、多摩川の源流部を流れる川の一つで、昔から砂金採取が行われていたそうです。 この川は砂金採取が趣味の方にとってはあまり魅力がない川なのかもしれませんが、僕にとってはとても思い入れのある川なのです。 というのはどこかで書いたかもしれませんが、人生最初の砂金採取を体験したのは、下部にある湯之奥金山博物館なのですが、フィールドで最初に試したのはこの丹波川なのです。 湯之奥金山博物館でパンニングの仕方を教えてくださった学芸員の方は最初は … “丹波川 その1” の続きを読む

どこで砂金を採るか? その1

砂金採取を始めた頃は、書籍、Webなどで、ここで採れるという情報を収集していました。 でも、ピンポイントでこの場所で採りましたと書かれている事はほぼ無く、良くておおよその場所が載っている程度。川の名前や、地方名程度を載せてもらえれば御の字です。 私もピンポイントで載せるつもりはありませんが、だいたいの理由はわかるようになってきました。 ・産地が荒らされる → 私が知っている場所へ来る砂金掘り師はそれほどいないと思うので、これはあんまり心 … “どこで砂金を採るか? その1” の続きを読む

高橋川 その1

今日は台風18号の影響による大雨で、多摩川に氾濫警報がでていました。 大水がでると気になるのは砂金のことですね。 今週末は台風一過で晴天で気温も上がるようですので絶好の砂金日和となりそうです。 ただし、水量は多そうですので普段はそれほど流れていないような川でメガネ掘りというのが理想です。 というわけで、週末は高橋川を探索したいと思っています。 ここでいう高橋川とは、青梅街道の落合集落辺りで柳沢川に北から合流する河川の事です。 たしかそれ … “高橋川 その1” の続きを読む

砂金採取という趣味

一般的に武田信玄といえば「風林火山」や「人は城、人は石垣、人は堀」などを思い浮かべる人が多いと思います。それと同時に、金山開発を盛んに行った武将としても有名だと思います。 山梨付近の山沿いへいくと信玄の隠し金山、隠し湯という看板を沢山みかけることでしょう。金山というのは、大切な資金源ですから、基本的に隠されていたそうです。あやまって金山へ迷い込んだ人は追い詰められて殺されたという言い伝えも残っているそうです。 さて、私は30代後半から突 … “砂金採取という趣味” の続きを読む