砂金採取という趣味

一般的に武田信玄といえば「風林火山」や「人は城、人は石垣、人は堀」などを思い浮かべる人が多いと思います。それと同時に、金山開発を盛んに行った武将としても有名だと思います。

山梨付近の山沿いへいくと信玄の隠し金山、隠し湯という看板を沢山みかけることでしょう。金山というのは、大切な資金源ですから、基本的に隠されていたそうです。あやまって金山へ迷い込んだ人は追い詰められて殺されたという言い伝えも残っているそうです。

さて、私は30代後半から突然砂金採取という趣味に出会いどっぷりと2年ほどはまっています。砂金を採取しやすい場所を探す指針の一つに、金山の存在があります。上流に金山があればその下流域では砂金が採れる可能がググッと高まります。

現在の住居が神奈川県という事もありまして、山梨県の砂金採取それも多摩川に的を絞って調査を行っていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)